コース解説

「感じる公園ワークショップ さわって楽しむ水族園」

「感じる公園ワークショップ」は視覚障害の有無を問わずに楽しんでいただくことを目的とした参加体験型プログラムです。

2012年の葛西臨海公園でのプログラムを皮切りに、夢の島熱帯植物館での実施を経て葛西臨海公園にある葛西臨海水族園での開催となりました。

葛西臨海水族園との全面的なコラボレーションが実現し、通常の開館前の入館をお認めいただきました。

 

今回は葛西臨海たんけん隊のための特別なコースが展開されています。

まずは東京湾の生きもの水槽の前で目隠しをし、グループに分かれてペンギン水槽まで移動します。

他にお客様がいるとわからない、ペンギンの息遣いや羽音を楽しみます。

その後は3班に分かれ、館内に特別に設けられた3つの特別展示テーブルを触って鑑賞します。

1つ目はサメのテーブル。フィギュア、歯や皮膚を触りながら、サメが速く泳げるわけや肉食にふさわしい体の構造をしていることを感じます。

2つ目は貝のテーブル。貝殻の形や厚み、触感を触りながら、それらが貝が生きる環境や生態と密接に関連しているわけを感じます。

3つ目はペンギンのテーブル。ペンギンの模型の大きさと重さ、羽毛の実物を触りながら、ペンギンが飛べないわけや泳ぎが得意なわけを感じます。

 

それぞれの項目には音声データが掲載されております。

音声読み上げソフトをご利用の方は上部の再生・一時停止ボタンを、音声読み上げソフトをご利用でない方は下部の再生バーをご利用ください。

また、一時停止ボタンで止めた音声は、もう一度再生ボタンを押していただくと止まったところから再生されます。

 

なお、本プログラムは平成25年度地球環境基金の助成と、株式会社ロッテの特別協賛によって実現しております。

目隠しをして、屋外を進む一同

コース解説

コース解説

▲このページの先頭へ