コース解説

本プログラム内容

夢の島熱帯植物館で視覚障害者がナビゲーターとなり、 目が見える人も見えない人も、 言葉と五感を使って、めぐりる体験プログラムです。

探検後、ハーブティやバナナをいただきながら、体験を通じて感じた事や発見したことを語り合い、印象に残った場所を植物館の地図にプロットしていきました。

 

本プログラム実施背景

参加体験型環境教育プログラム葛西臨海たんけん隊の特別プログラムとして実施されました。

葛西臨海たんけん隊は株式会社ロッテの特別協賛をいただいて毎年実施されておりますが、本プログラムはそれに加えて独立行政法人環境再生保全機構の地球環境基金の平成25年度助成をいただいて実施しております。プログラム委員会を編成し環境教育の専門家や学識経験者などによって議論を深め実施に臨みました。

視覚に障がいのある人もそうではない人も一緒になって楽しめるプログラムであることを関係者一同願って立案をいたしました。

今回は東京都江東区にある夢の島熱帯植物館が舞台となります。

すでに平成25年1月に実施したプログラムの改良版となります。

植物館の地図にシールを貼る手の写真

コース解説と地図

コース解説と地図

▲このページの先頭へ